東京機材工業では『環境を大切に』をモットーに、環境問題にも積極的に取り組んでいます。社会環境のさまざまな環境劣化要素(騒音、振動、汚水)を取り除き、環境問題に対して何が出来るかということを社員全員で考え、社会に貢献する企業として、あるべき姿を追及しています。

【 機材センターでの取り組み 】
全国の機材センターでは、タンク他レンタル機材の整備を行っています。洗浄後の排水を地下に浸透させないよう整備ヤードは土間コンで覆い、地中に埋設したタンク内に排水を貯め、その水を濁水処理機で処理を、放流基準まで浄化し、クリーンで安全な水を排水しています。また、塗料についても有害物質を含まない塗料を使用しています。

円形貯水タンク
円形貯水タンク
濁水処理設備
濁水処理設備
濁水処理設備
濁水処理設備
処理された水
処理された水
処理水検査
処理水検査
処理水で金魚を飼育
処理水で金魚を飼育


【 搬送機事業部での取り組み 】
東京機材工業では、トンネル工事の掘削土砂の運搬において、従来からの化石燃料を使用した運搬車輌に代わり、電気動力によるCO2排出低減や作業人員の省力化を目的とした移動式クラッシャーや連続ベルトコンベアの設計・製作からレンタル・現場設置までをご提案しています。

移動式クラッシャー
連続ベルトコンベア

【 全社での取り組み 】 - 人と社会が共に、継続して発展できる社会をめざして
私たち東京機材工業は、2015年に国連において採択された「持続可能な2030年までの開発目標(SDGs)」の理念に共感し、企業の経済的価値の追求と社会的課題の解決を両立させることで、個人の幸せ、企業の幸せ、社会の幸せを実現していく姿を目標としています。

TKK SDGsへの取り組み


上に戻る